世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

ジムノペディ第1番 【ピアノソロ譜】

原題:1ère Gymnopédie

作曲:エリック・サティ

シュールな作風のピアノ曲で知られるフランスの作曲家エリック・サティの代表曲です。1888年、サティがパリ音楽院在学中の21歳のときに作曲されました。ジムノペディと呼ばれる作品は1番から3番までありますが、中でもこの1番が最もポピュラーなものです。

頭にGymが付くことからもわかるように、タイトルは古代ギリシアの祭典「ジムノペディア」に由来しています。ジムノペディアとは、アポロ、ピッテウス、レートの三柱の神を称えるためにギリシア全土から集められた裸の若者たちが踊りを捧げるものでした。サティはその祭典の模様が描かれた古代ギリシアの壷を見たときにインスピレーションを得たと言われています。

曲は祭りのイメージとは違って静かでゆったりしていますが、それは壺に描かれた絵が静かな佇まいだったからと言われています。メジャー7thや分数コードを多用した和声はジャジーな雰囲気がたっぷりと感じられ、現代でもまったく古さを感じさせない洗練された響きを持っています。少し愁いがありながらも浮遊感があってどこか不思議な感じのする曲調です。

オリジナルの譜面は左手のパートが上段と下段に分かれていて見づらいので、左手パートを下段にまとめました。演奏は比較的容易で初級レベルで十分弾けますが、運指には少し工夫が必要なところがあります。冒頭の序奏は跳躍が苦手な人は両手で弾いても良いでしょう。また左手が4和音を押さえるところで指が届かない人は最高音を右手1指で取ると弾きやすくなります。ほぼ同じ譜面を2回繰り返しますが、2回目のコーダの部分だけが少し違うので、そこに気を付ければ暗譜も容易でしょう。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

楽譜の内容をYouTubeで試聴できます。動画は楽譜をそのまま自動演奏したもので、音楽的なニュアンスは再現されません。内容確認のためお使い下さい。

YouTubeで演奏を試聴

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。