クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

【お知らせ】5月9日に発生しましたダウンロードの不具合は全て解消しました。ご迷惑をおかけしました。

ワルツ第14番ホ短調(遺作) 【ピアノソロ譜】

原題:Valse No.14 in E Minor Op.posth

作曲:フレデリック・ショパン

1830年に書かれたショパン20歳のときの作品で、没後の1868年に出版された遺作の一つです。技巧的な性格を前面に押し出しており、広い音域にわたる跳躍が多用されています。音楽的にも華やかで聴き映えがすることから、演奏会では比較的よく演奏される曲です。曲は三部形式で成り立っており、華麗に跳ね回る旋律が優美な主部に対して、中間部は嬰ト短調に転じて重厚な和音の連打が激情的で緊迫した雰囲気を感じさせるなど、短い中にも変化に富んでいます。

原譜にはテンポの指定はありませんが、一般的には180~200bpm程度の非常に速いテンポで弾かれます。しかし無理に速く弾かなくてもゆったりと抒情的に弾くのも十分ありだと思います。難易度的にはそれほど高くありませんが、序奏のアルペジオを滑らかに弾くのはかなり熟練を要します。比較的短い作品で、同じ音型の繰り返しも多いため、一曲マスターするには取り組みやすい曲だと思います。最初はゆっくりと丁寧に弾くことを心がけましょう。

この楽譜は固定キーとなっておりますので移調はできません。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。