クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

【お知らせ】5月9日に発生しましたダウンロードの不具合は全て解消しました。ご迷惑をおかけしました。

ワルツ イ短調(遺作) 【ピアノソロ譜】

原題:Valse in A minor BI.150

作曲:フレデリック・ショパン

ショパンの晩年1847~1848年頃の作品と考えられており、シャルロッテ・ド・ロスチャイルド夫人あるいはその娘のために作曲されたワルツです。自筆譜は1901年にロスチャイルド家からパリ音楽院に寄贈され、ショパンの死後100年以上も経った1955年になってようやく出版された遺作の一つです。クリスティナ・コビラィンスカによる作品整理番号によるとKK. IVb-11が付与されていますが、通し番号を付けて「ワルツ第19番」と呼ばれることもあります。

このワルツの旋律はポーランドの子供たちの踊りに由来すると言われています。曲は自由なロンド形式で書かれており、中間部はイ長調に転調します。非常にシンプルで演奏時間も短いことから子供のピアノ発表会などでよく弾かれる曲です。演奏は平易ながら憂愁に満ちたメロディーが美しく、装飾音符の使い方などショパンのエッセンスは十分に詰まっているため、初級者でも弾けるショパン入門として最適な曲です。

楽譜は原曲通り。全体に演奏は平易なので初級レベルで十分弾けますが、唯一21小節目の3連符と5連符が連続して駆け上がるフレーズはインテンポで弾くのが相当難しいです。ここだけは運指を工夫して十分な練習が必要です。装飾音符やトリルが多用されているところもショパンの特徴で、これをうまく弾きこなせるかが表現のポイントでしょう。楽譜には最初だけ記してありますが、装飾音符はすべて2-4-3指の順に弾きます。その他、指番号を参考にしながら演奏して下さい。

この楽譜は固定キーとなっておりますので移調はできません。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。