クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

2021年12月6日より移調可能な楽譜を大幅に縮小しました。詳細はこちらをご覧下さい。

トッカータとフーガ ニ短調 【ピアノソロ譜】

原題:Toccata und Fuge in d-Moll, BWV565

作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

冒頭のフレーズがあまりにも有名なJ.S.バッハのオルガン曲です。クラシックを知らない人でもここだけは誰でも聴いたことがあるでしょう。バッハの若い頃の作品とされており、非常に劇的で華やかな名曲です。一説によると、曲の構成や音の使い方がバッハらしくないということで偽作だとする説もあります。冒頭の有名なテーマを提示した後、非常に重厚な減7の和音(ディミニッシュコード)を轟かせるところが印象的です。

冒頭の有名なフレーズは嘉門達夫の替え歌メドレーで「ちゃらりー鼻から牛乳」と歌っているところを聴いたことがある人もいるでしょう。ある世代にはこちらの方が有名かもしれません(笑)。

原曲は8分を超える大作ですが、楽譜はピアノ編曲版で2分弱に短縮されています。テンポの指定はあくまでも目安ですので、ある程度自由に弾いて下さい。ペダル記号のあるところはすべての音を重ねるように弾いて下さい。電子ピアノであればパイプオルガンの音色で演奏するのも良いでしょう。

この楽譜は固定キーとなっておりますので移調はできません。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。