クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

【お知らせ】5月9日に発生しましたダウンロードの不具合は全て解消しました。ご迷惑をおかけしました。

憾(うらみ) 【ピアノソロ譜】

作曲:瀧 廉太郎

瀧廉太郎は23歳の短い生涯の間に優れた歌曲を残しましたが、わずか2曲だけピアノ曲も書いています。そこには文明開化の中で西洋の器楽曲を広めようという強い意志がありました。1903年、廉太郎が亡くなる数ヶ月前に書かれたピアノ曲がこの「憾」で最後の作品となりました。憾とは他者への憎しみのことではなく、未練や無念といった意味が込められています。

当時は文部省の役人が教育向けの曲を書いていましたが、廉太郎の才能に嫉妬した文部省は国外へ追放しようと強制的にドイツに留学させました。そこで当時は死の病であった結核を患い、帰国後次第に病状は悪化して23歳の若さでこの世を去ってしまいます。この曲には文字通り自分の運命への絶望感やこの世への未練のようなものが込められています。

曲は重々しい低音が終始鳴り響き、強い不安感を与えるとされる減七の和音(ディミニッシュコード)が多用されています。コーダの低音連打は悲鳴のようにも聞こえ、聴く者に恐怖感すら抱かせます。死を前にした廉太郎の魂の叫びが曲から感じ取れます。

楽譜は読みやすいように若干変更を加えています。独自にコードネームも付けました。

この楽譜は固定キーとなっておりますので移調はできません。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

YouTubeで演奏を試聴
楽譜の内容をYouTubeで試聴できます。動画は楽譜をそのまま自動演奏したもので、音楽的なニュアンスは再現されません。内容確認のためお使い下さい。