クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

【お知らせ】5月9日に発生しましたダウンロードの不具合は全て解消しました。ご迷惑をおかけしました。

思い出 【ピアノソロ譜】

原題:Erinnerung, WAB117

作曲:アントン・ブルックナー

ほぼ交響曲と宗教曲でしか知られていないブルックナーですが、数少ないピアノ曲も残しています。その中でこの「思い出」は交響曲第1番より後の1868年に書かれており、ピアノ曲としては最後期の作品です。タイトル通り過去を回想し、過ぎ去った時間を懐かしむような雰囲気があります。

曲の構成は大きく分けて二部からなり、前半は左手の素朴な伴奏の上に短いモチーフが様々に形を変えて何度も現れます。ブルックナーのルーツであるオルガン的な書法も随所に見られます。後半は一転して6連符の華麗なアルペジオに乗って前半と同じフレーズが繰り返されます。そしてコーダでは後期の交響曲のアダージョでよく見られる独特の和声進行が登場して高みに上り詰めた後、静かに曲を締めくくります。

ブルックナーのピアノ曲の中では比較的難度が高い部類に入ります。特に後半は6連符のアルペジオが広音域にわたり、運指を工夫しないとスムーズに弾けません。5連符や装飾音符との組み合わせもやや難しいところで、それぞれの音が入るタイミングを把握しておく必要があります。しかし全体的には中級程度だと想います。

この楽譜は固定キーとなっておりますので移調はできません。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

YouTubeで演奏を試聴
楽譜の内容をYouTubeで試聴できます。動画は楽譜をそのまま自動演奏したもので、音楽的なニュアンスは再現されません。内容確認のためお使い下さい。