クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

【お知らせ】5月9日に発生しましたダウンロードの不具合は全て解消しました。ご迷惑をおかけしました。

ノクターン ヘ短調『別れ』 【ピアノソロ譜】

原題:La séparation

作曲:ミハイル・グリンカ

グリンカといえばご存知ない方も多いかもしれませんが、1804年生まれのロシアの作曲家です。当時はまだ西ヨーロッパの影響が強かったロシアの音楽界において、ロシア民族音楽の要素を取り入れた国民楽的作風を築き、近代ロシア音楽の父と呼ばれています。後のロシア五人組にも多大な影響を与えました。

「別れ」と題されたこのピアノ小品は1839年、グリンカ35歳のときに作曲され、彼の作品の中でもよく知られたものです。いかにもロシア的な深い憂愁をたたえた美しい旋律が愛されています。

難易度はそれほど高くありませんが、右手と左手でそれぞれ複声部を弾き分ける部分がやや複雑なので中級程度です。冒頭をはじめ、たびたび登場する10度の和音はほとんどの人には指が届かないので、アルペジオで弾いたり、右手を使うなどの工夫が必要です。

この楽譜は固定キーとなっておりますので移調はできません。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

YouTubeで演奏を試聴
楽譜の内容をYouTubeで試聴できます。動画は楽譜をそのまま自動演奏したもので、音楽的なニュアンスは再現されません。内容確認のためお使い下さい。