ソフトウェアライブラリ ボーカルキャンセラー2

【ボーカルキャンセラー2】Ver.1.60をリリースしました

投稿日:2016年4月19日 更新日:

久しぶりのアップデートですが、Ver.1.60をリリースしました。今回の目玉は「リアルタイムプレビュー」機能です。名前でおおよそわかっていただけるかと思いますが、音源をリアルタイムで再生しながらパラメータを調整し、効果を確認できる機能です。これまではファイル変換しながら試行錯誤で調整するしかありませんでしたが、この新機能により効率的にパラメータの最適化ができるようになりました。

スポンサーリンク

割と当たり前のように思われますが、これはリアルタイムで処理する必要があるため、技術的には大変難しいのです。そのためこれまで後回しになってきましたが、そろそろやることがなくなってきたので(?)、最後の仕上げとしてこの機能に本格的に取り組むことになりました。これでようやくソフトとして完成の域に達したのではないかと思っています。なおこれにかかった開発コストが大きいため、製品版だけの機能とさせていただきます。

やはりリアルタイムでプレビューできるかどうかで作業性がまったく異なりますね。これまではその都度ファイルを生成しながらパラメータを調整していましたが、それではどんな効果があるのか今ひとつよくわかりませんでした。でもリアルタイムでプレビューすれば効果は一目瞭然です。やはり必須の機能であると実感しました。

他のソフトではすでに実装されていたりするのですが、本ソフトではまだだったので、その点だけが遅れている感じでした。これでやっと追いつけた感じがします。(笑)

もう一つの新機能としては、「定位」の設定が可能になりました。これはボーカルカットの対象となる定位を左右にずらすことができる機能です。通常ボーカルは中央に定位していることを前提としていますが、音源によっては微妙にずれたりしているかもしれません。そういう場合に定位を微調整するとより完全にボーカルカットができる可能性もあります。またインストゥルメンタルの曲でも特定の定位にある楽器の音だけを取り出すような目的にも使えるかもしれません(効果は不明ですが)。

それと新機能に合わせて画面デザインを大幅に変更しました。これは単純にスペースが足りなくなったためです。従来は縦長デザインでしたが、最近のPCは横長画面が主流で縦方向の大きさが厳しいため、横へ広げる形に変更しました。

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

1
CDからボーカルを除去・抽出・移調するソフト/ボーカルキャンセラー2

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを除去して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセ ...

2
ケーナを吹こう

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

3
ダイアトニックコード早見表

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

4
ARIA A-35CE(エレガットギター)を買いました

これまでスチール弦のアコースティックギターは持っていたのですが、結局自分が弾きたいのはソロなんだということに気づき、アコギを売り払っていわゆるクラシックギター、正確に言うとナイロン弦ギターに買い換えま ...

-ソフトウェアライブラリ, ボーカルキャンセラー2

Copyright© Art Studio まほろば , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.