ABC記譜法による楽譜とMIDIの作成 DTM/DAW

【ABC記譜法】まずは環境作りから(GUI編)

投稿日:

前回、コマンドラインで動作するツール類のインストールと環境設定について解説しましたが、実はそれをやらなくても一般のアプリケーションと同じマウス操作でビジュアルに作業できるソフト(いわゆるGUI)も存在します。

なーんだ、それなら先に教えてくれよと言われるでしょうが(笑)、実はこれらのソフトも裏でabcm2psやabc2midiを実行しているだけなので、基本的なコマンドラインの操作方法は知っておいた方がいいのです。最初からGUIのソフトにだけ頼ってしまうと、本当に困ったときや少し込み入ったことをやりたいと思ったときに何もできなくなってしまうからです。

それでABC譜をビジュアルに編集して楽譜やMIDIに変換するGUIのソフトというのも何種類か存在しているのですが、その中で僕が一番使いやすいと思うEasyABCについてご紹介します。以下、本講座ではこのEasyABCを中心に使っていくものとします。

スポンサーリンク

1. インストール

まずEasyABCのサイトにアクセスして下さい。次のようなトップページが現れます。

EasyABC_web
ここで右上の四角枠の中にある"Download"からWindowsまたはMac OSXを選んでダウンロードして下さい。2015年1月17日現在の最新バージョンは1.3.5となっています。

ダウンロードしたファイルはインストーラーになっていますので、一般のアプリケーションと同じようにインストールするだけです。特に何の問題もなく終わるでしょう。

2. 起動してみる

インストールできたらアイコンをダブルクリックして起動してみて下さい。次のような画面が現れます(これはデータを入力した状態です)。残念ながら日本語表示ではありませんが、別に難しい英語ではないので見たらすぐわかるでしょう?

EasyABC
画面は大きく分けて3つのペインに分かれており、右下の"ABC code"ペインでABCのコードを編集し、右上の"Musical score"ペインには楽譜が表示されます。

それでは試しに次のコードを"ABC code"ペインにコピペしてみて下さい。

X:1
K:C
C D E F G A B c

すると"Musical score"ペインに楽譜が表示されましたよね? このようにABC譜を編集した内容がリアルタイムに楽譜に反映されるところがこのソフトの素晴らしいところなのです。

そして左上にある緑色の再生ボタンをクリックしてみて下さい。すると「ドレミファソラシド」と音が聞こえます。もちろんスピーカーをつないでボリュームを上げておく必要はありますよ。

あと特に設定するところはありません。デフォルトではMIDIの再生はPC内蔵のシンセサイザーへ出力されるようになっています。もし外部のMIDI機器で再生したければ、"Settings→Midi device settings"を選択して"Output device"を選択して下さい。

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

1
CDからボーカルを除去・抽出・移調するソフト/ボーカルキャンセラー2

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを除去して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセ ...

2
ケーナを吹こう

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

3
ダイアトニックコード早見表

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

4
ARIA A-35CE(エレガットギター)を買いました

これまでスチール弦のアコースティックギターは持っていたのですが、結局自分が弾きたいのはソロなんだということに気づき、アコギを売り払っていわゆるクラシックギター、正確に言うとナイロン弦ギターに買い換えま ...

-ABC記譜法による楽譜とMIDIの作成, DTM/DAW

Copyright© Art Studio まほろば , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.