ピアノ 楽器

KORG SP-250 一年後

投稿日:2013年1月6日 更新日:

コルグの電子ピアノSP-250を購入してちょうど一年が経ちました。こういうものは長く使って初めてわかる問題もあるので、ここでもう一度おさらいをしておきたいと思います。ほぼ毎日のように使ってますが、今のところ故障もなく快調に使えています。

スポンサーリンク

電子ピアノ購入にあたっていろいろ検討したわけですが、やはりSP-250を選んだのは正解だったと今になっても思えます。何と言っても鍵盤のタッチの良さは他の追随を許しません。本物のグランドピアノと同じように、いわゆるシーソー式のバランス構造になっており、鍵盤を押して戻るときの動作が非常に自然です。こればっかりは実際に触ってみないとわかりませんが、同価格帯のヤマハやカシオの製品と比べると明らかに次元が違います。たとえば値段が2倍くらいするヤマハのP-155と比べても上だと思いますね。この価格帯でRH3鍵盤を惜しみなく投入したコルグの心意気に痺れます。もちろん20万円以上するローランドの据置型などは鍵盤のタッチも質感もすばらしいとは思いますが、それは値段なりということで納得できます。とにかくこの価格帯でこのハイグレードな鍵盤は他にあり得ません。鍵盤の作りが良いということは演奏する楽しさに直接関わってきますし、当然上達のスピードにも影響します。SP-250のタッチは本物のピアノよりも重い部類に入るかもしれませんが、このくらいの重さで練習する方が良いトレーニングにはなると思います。

あと音質については可もなく不可もなく平均的なレベルだと思います。個人的には好きなタイプの音質です。低音の重厚さと高音の輝きはお気に入りです。内蔵のスピーカーがいまいちという意見もありますが、ちゃんとした外部スピーカーやヘッドホンを使えば不満のない音質になりますし、ライン録りでレコーディングしても十分満足できる品質があります。どうしても音質が気に入らなければMIDI経由で外部音源を使うという手もありますし、それは大きな問題ではありません。こういうときに鍵盤の質が良いとマスターキーボードとしても大いに活躍してくれます。

結論として、一年使ってみてもまったく不満はないですね。本当に買って良かったと思っています。ペダルとスタンドまで付いてこの価格はコストパフォーマンスが高すぎます。こんな値段で売ってコルグさん大丈夫?とこちらが心配になるくらいですね(笑)。ポータブルタイプとしては重量がやや重めなのが難点といえるかもしれませんが、そこは鍵盤の作りの良さとトレードオフでしょう。とにかく超おすすめの電子ピアノです。

できるだけ毎日触るようにはしていますが、レパートリーはなかなか増えてこないですね・・(^^;

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

1
CDからボーカルを除去・抽出・移調するソフト/ボーカルキャンセラー2

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを除去して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセ ...

2
ケーナを吹こう

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

3
ダイアトニックコード早見表

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

4
ARIA A-35CE(エレガットギター)を買いました

これまでスチール弦のアコースティックギターは持っていたのですが、結局自分が弾きたいのはソロなんだということに気づき、アコギを売り払っていわゆるクラシックギター、正確に言うとナイロン弦ギターに買い換えま ...

-ピアノ, 楽器

Copyright© Art Studio まほろば , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.