カチューシャ

楽曲の解説

【原題】Катюша
【作曲】マトヴェイ・ブランテル
【作詞】ミハイル・イサコフスキー
【アーティスト】

ソビエト連邦の時代、ミハイル・イサコフスキーにより作詞、マトヴェイ・ブランテルによって作曲され、第二次世界大戦中に兵士たちの間で流行したロシアの歌曲です。一般にはロシア民謡と思われているようですが、実際には大衆歌謡に近いものです。そのため現在も著作権が切れていません。

曲は戦場で歌われていたこともあって、2拍子の行進曲風になっています。戦意を高揚させる目的もあったのではないでしょうか。歌詞に登場するカチューシャとは、ロシアで一般的な女性の名前である「エカテリーナ」の愛称で、カチューシャが川の岸辺に佇んで恋人を思う様子が描かれています。

おそらく日本ではロシア歌曲の中で最もポピュラーなものではないでしょうか。哀愁に満ちたメロディーはいかにもロシア的であり、日本人の好みにもよくマッチしています。現在日本で歌われている「りんごの花ほころび~」の訳詞は関鑑子によるものです。

楽譜はイントロ・間奏を含むフルコーラスで、ピアノ伴奏譜とコードネーム付きになっています。一部合唱パートも入っています。巻末にロシア語の原詞と関鑑子による日本語詞も付いています。

楽譜

【楽譜のタイプ】ピアノ伴奏譜

この楽曲は著作権保護期間中につき、楽譜のサンプルのみご覧になれます。
下のボタンをクリックすると別サイトに移動して楽譜のプレビューを表示します。

楽譜サンプル動画 (YouTube)

楽譜をそのまま自動演奏したサンプルを試聴できます。音楽的なニュアンスは再現されません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました