日本のフォーク・ポップス 楽曲ライブラリ

【演奏動画】The Inners~遙かなる時間の彼方へ~/久石譲

投稿日:

演奏動画を撮ってアップしたいとずっと思っているのですが、なかなか進んでいません。できない理由は練習不足で完成度が低いから(笑)。普段の練習ではうまく弾けてもカメラの前では緊張してすぐミスるんですよね。ですからミスなし演奏というのは基本的に撮れません。

ただ完璧を目指しているといつまで経ってもアップできないわけです。たまにうまく弾けたと思うと絶対ミスってはいけないと緊張して必ずミスります。最後の方でミスると非常に凹みます(笑)。中にはミスなしで弾けるまで何十回でも撮り直す人もいますが、そんなことやってると一曲アップするのに何日かかるかわかりませんし、自分にはとてもそこまで根気が続きません。さらにハードルが上がりそうです。

だいたい何回も撮り直してると疲れてきますから、ますます悪くなる一方です。案外、最初のが一番良かったりします(笑)。ですから撮り直しは3回まで、その中で一番マシなのを採用するくらいの緩さがないといつまで経っても進まないですね。今は完成度より量産を目指すべきだと思っています。

さて今回アップしたのは、久石譲作曲「The Inners~遙かなる時間の彼方へ~」です。この曲は1989年からスタートしたNHKのドキュメンタリー番組「驚異の小宇宙・人体」のサウンドトラックとして作曲されたものです。文字通り宇宙を感じさせる壮大なスケール感と生命への慈しみにあふれた美しい楽曲です。久石さんのセンスが光ってますね。氏の作品の中で私が一番好きな曲です。もう30年くらい前の番組ですから最近の若い人は知らないと思いますが、とても美しい曲なので一度聴いてみて下さい。

演奏は派手にミスっているところもありますが(笑)、まだマシな方だと思っています。実はこれが一発目です。この後、撮り直しましたが、何回やってもミスるので結局やめました。だいたいそんなもんです(笑)。自分的には途中で暗譜が飛んで演奏停止しない限り、最後まで弾ききれればOKというルールにしたいと思います。お聴き苦しいと思いますが、ああまたミスってるなくらいに大らかな気持ちで聴いていただければ幸いです(笑)。

以前も紹介しましたが、使用した楽譜はこちら↓

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

1

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを消して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセラ ...

2

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

3

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

-日本のフォーク・ポップス, 楽曲ライブラリ
-

Copyright© Art Studio まほろば , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.