ブラームス 《ハンガリー舞曲》 第5番

投稿日:2015年8月9日 更新日:

クラシック 楽曲ライブラリ

楽曲の解説

【原題】Ungarische Tänze Nr.5
【作曲】ヨハネス・ブラームス
【作詞】
【アーティスト】

ブラームスがジプシー音楽に感銘を受けて1860年代後半に作曲した一連の作品群で、全21曲からなります。ハンガリーの民族舞曲が元になっているため、ブラームスはこれを作曲ではなく編曲としています。元はピアノ連弾用として書かれたもので、後に特に有名な第5番が管弦楽に編曲されています。

楽譜はピアノ独奏版をさらに弾きやすくアレンジし直したものです。原曲は嬰ヘ短調ですが、読みやすいように半音上げてト短調にしています。また中間部は省略して短くしてあります。運指的に難しいところはありませんが、テンポが速いので初めはゆっくりしたテンポで一音一音丁寧に弾くように練習して下さい。

楽譜

【楽譜のタイプ】ピアノ簡易版

PDF形式の楽譜を無料でダウンロードできます。
下のボタンをクリックすると別サイトに移動して楽譜のプレビューを表示します。

関連記事

おすすめ記事

1

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを消して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセラ ...

2

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

no image 3

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

-クラシック, 楽曲ライブラリ

Copyright© Art Studio まほろば , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.