イヴァノヴィチ 《ドナウ河のさざなみ》

楽曲の解説

【原題】Valurile Dunării
【作曲】ヨシフ・イヴァノヴィチ
【作詞】
【アーティスト】

ルーマニアの作曲家イヴァノヴィチが自身の楽団のために作曲したワルツ作品で、作曲者自身によってピアノ曲にも編曲されています。曲は全部で4つのワルツに序奏とフィナーレが付く形になっています。哀愁に満ちた流麗なメロディーはいかにも日本人好みであり、クラシックファンならずとも多くの人に親しまれています。イヴァノヴィチの作品としては世に知られているほぼ唯一のものです。

原曲は全6部から構成されるかなり長いものですが、ここでは最も有名な第1ワルツとフィナーレをつなぎ合わせて約3分半で演奏できるようにしました。初級向きなので特に難しいところはありませんが、左手はワルツのリズムを意識して1拍目にアクセントを置き、2拍目・3拍目が重くならないように弾いて下さい。

楽譜

【楽譜のタイプ】ピアノ簡易版

PDF形式の楽譜を無料でダウンロードできます。
下のボタンをクリックすると別サイトに移動して楽譜のプレビューを表示します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました