ソフトウェアライブラリ ゆらぎアナライザー

開発履歴

更新日:

バージョンと更新内容

2014/3/14 Version 1.16

  • スペクトルの描画方法にヒストグラムを追加し、デフォルトとした。
  • 「かんたんモード」における窓関数をハミング窓に変更した。

2014/1/10 Version 1.15

  • 「かんたんモード」における窓関数をハニング窓に変更した。
  • 回帰直線の上限周波数と下限周波数のデフォルト値を変更した。
  • 回帰直線の計算方法を改良した。
  • Windows 8に正式対応した。

2010/11/2 Version 1.14

  • FFTの精度を向上させた。

2010/3/25 Version 1.13

  • 24ビットWAVファイルの場合に微妙に誤差が生じる問題を修正した。

2009/3/30 Version 1.12

  • 解析を繰り返すとリソース不足で落ちる問題を修正した。
  • 回帰直線の上限周波数のデフォルトを2Hzに変更した。

2009/3/24 Version 1.11

  • 回帰直線の上限周波数と下限周波数を独立してスライダーで設定できるようにした。
  • WAVファイルとサンプルファイルのドラッグ&ドロップに対応した。
  • デフォルトの窓関数を矩形窓に変更した。
  • DCオフセット除去を廃止した。
  • 特殊な場合に起こる計算エラーを修正した。

2009/3/20 Version 1.10

  • サンプリングデータの読み込みに対応した。
  • 固定モードを追加した。
  • FFTを実行する際にDCオフセット除去を行い、窓関数による第1次項の誤差を改善した。

2009/3/16 Version 1.01

  • リサンプリングを行ってFFTの精度を向上させ、低周波領域に現れる誤差を改善した。

2009/3/12 Version 1.00

  • 初期バージョンをリリース。
スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

1

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを除去して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセ ...

2

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

3

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

-ソフトウェアライブラリ, ゆらぎアナライザー

Copyright© Art Studio まほろば , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.